FC2ブログ

日本茶インストラクター Nishikien owner's weblog 


日本茶インストラクターの店主によるお茶や茶器などにまつわる事柄。

2009年花粉予想の記事

2009年が幕をあけ、早くも一週間が過ぎました。七草粥の記事などが見られるなか、花粉に関しての情報も目に付くようになりました。

DVC00375.jpg
2009年1月7日 静岡新聞

昨年末ごろから2009年の花粉飛散量については記事になっていますが、予報の内容は好ましいものではないようです。
経験上、早めに飲み始めると花粉症のピークシーズンとなった時に症状があまりひどくならないように感じています。(今年は1月5日から本格的に飲み始めました。)

さて、釜炒り製紅ふうきは前年より、メチル化カテキン含有量が多く、生産量が増えたことによる価格の改定も出来ました。花粉が多いとされる2009年に向けてプラスの状況です。
早めの準備をおススメします。

<お知らせ>
花粉症シーズンに先駆けて、紅ふうき(べにふうき)の試飲販売会を開催いたします。

2009年1月8日~1月14日まで静岡伊勢丹B1Fにて「べにふうき」を中心とした特別販売会を行います。その他、寒い季節にうれしいお茶もあわせてご紹介させて頂きます。お近くにおいでの際はお気軽にお立ちよりください。

日本茶専門店 錦園石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)

2008年版 釜炒り製粉末煎茶 紅ふうき(べにふうき・紅富貴) 価格改定と重要なお知らせ。

生産量の増加にともなって、釜炒り製粉末煎茶 紅ふうき(べにふうき・紅富貴)の価格改定が出来ました。価格はそのままに各アイテムを増量させて頂きます。12月18日出荷分より下記価格にて発送となります。よろしくお願いいたします。

<旧価格>      <新価格>
20杯分→¥1050   30杯分→¥1050

50杯分→¥2205   75杯分→¥2205

100杯分→¥4200  150杯分→¥4200


2009年の花粉飛散は今年に比べて10日早く、飛散量は倍といった予報がされています。私も通常は1月20日頃から使用を始めますが、来年は少し早めにするつもりでいます。お客様におかれましても早めのご準備をお奨めします。

DVC00356-1211.jpg 
静岡新聞より

<重要なお知らせ>
錦園の釜炒り製粉末煎茶 紅ふうきはスティックの内容量 0.4gで充分なメチル化カテキンを含んでいます。「べにふうき」は品種の特長として通常はカフェインが多くなる傾向がありますが、錦園のべにふうきは釜炒り製法などの影響によってカフェイン量は通常の煎茶とほぼ同じに抑えられています。
尚、私の飲用経験ですが一度に1gを越える摂取は胃などに負担が大きいように感じます。花粉の飛散量、体調などに合わせて使う際は1度に2袋までがいいでしょう。

べにふうきに限らず、濃い緑茶を一度にたくさん飲むのは身体に与えるストレスが少なくありません。カフェインに対して過敏に反応なさる体質の方は特に注意が必要です。有効成分だけが摂取されるわけではありません。何事もバランスが大切です。

さて、めっきり冬らしくなってきました。熱いお湯でいれるお茶がしみじみおいしいと感じる季節です。年末の慌しい頃ですが、お茶でひと息いれてみてはいかがですか?

選り抜きほうじ茶、有機栽培 天竜玄米茶、昔ながらの静岡茶シリーズ、天竜花かおり、静岡本山熟成之茶(※インターネット未登場)、しろぼうちゃなどがおススメです。

日本茶インストラクター(02-0362)
日本茶専門店 錦園 石部商店
錦園店主 石部健太朗

2009年の花粉予想。飛散量は今年より多い様子です。

今回は久しぶりに紅富貴(べにふうき)についてです。今年は秋の花粉が多かったので早めにお伝えしたかったのですけれど催事やイベントの準備などに追われてしまっていました。申し訳ありません。

DSC_8295.jpg
さて、上記は11月10日のヤフー配信ニュースです。見出しは「来春はちょっとつらそう・・・スギ花粉の飛散量は今年の2倍以上も。」花粉症の私としては一瞬、眉がひそまる話題。

数年来、私自身べにふうきを飲んでいますが、経験上早めに飲み始めるとよいように感じます。12月からとは言わなくとも、1月中旬くらいからは飲み始めようかなと思っています。

DSC_8293.jpg

釜炒り製粉末煎茶 紅ふうきは苦渋みも少なく飲みやすくなっています。花粉症シーズンは飲み続けることになりますから「飲みやすさ」は大切です。良薬は~といいますが、錦園の紅ふうきには当てはまりません。手軽に飲んでシーズンを乗り切っていきましょう。

日本茶専門店 錦園 石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)

花粉症の季節。静岡新聞より

花粉の飛散が多くなってきました。朝、新聞を開くと花粉情報に目がいきます。
二日ほど前から「非常に多い」の情報が出始めて今日、ついに静岡全県で
非常に多いとなりました。
(下記は3月8日の静岡新聞より)
DVC00048.jpg

私の場合、起きた時にまず、目がしゃっきりせずモヤモヤとした感じで目覚め、
鼻がぐずぐずしています。(花粉症の方にはおなじみの症状ではないでしょうか?)

さて、そんな石部の日常を少々ご紹介します。べにふうきの飲み方の参考になれ
ば幸いです。

まず、朝べにふうきのスティックを1~2本、マグカップにいれてポットからのお
湯を注いでかき混ぜる。湯量は適当(120ccくらい?)新聞にざっと目を通しな
がらべにふうきを飲み終えて活動開始です。
約20~30分後に気がつけば目のモヤモヤその他あまり気にならなくなって
いて、「ああ、やっぱり効き目あるんだな」と実感。

以前の記事でお伝えしていますとおり、現在は園地視察の時間が多くなってい
ます。(この行動は花粉の発生源へ分け入っていくのとほぼ同じことですね。)

出掛ける前に、再びべにふうきを飲み、スティック数本と熱いお湯をいれたポット
を携行して出発。途中、花粉症の症状がでたら飲んでいます。

このようなパターンですでに3年目。飲み薬、点眼薬、点鼻薬、を使わずに
過ごせています。

今しばらく不自由な日々が続きますけど、がんばりましょう。

<お知らせ>
錦園では釜炒り製粉末煎茶 紅ふうき(紅富貴・べにふうき)はご注文に対して
出来る限り早くお手元に届けられるようにしています。午後3時以前のご注文
でしたら、即日の出荷を基本にしています。到着の希望時間など通信欄など
でお伝えください。遠距離を除いて、翌日にはお手元にご用意できることでしょ
う。

日本茶インストラクター(02-0362)
日本茶専門店 錦園 石部商店
店主 石部健太朗

錦園 石部商店 ~伊勢丹メッセージ~

2月21日より静岡伊勢丹B1Fにて「べにふうき」「さくらかおり」を主にご紹介させて頂く催事にはいっています。べにふうきについてまだ、

「名前は聞いたことがあるけど。」

といった反応の方が少なくありません。その反面、今年で三年目になる試飲販売会がお役にたてて

「べにふうき、助かってます。ありがとう。」

という声とともに100本入りをお求めくださるお客様も増えてきているのも事実です。

自分の体験、(HPなどでも書かせていただいていますが、私も花粉症で「べにふうき」のユーザーです。)前述のお言葉などにささえられています。催事を通じて感じる事のひとつは、お客様と相対させていただきながらご案内をするいうのは自分の中に確たるものがないと出来ないことだなというものです。

今回の催事もあと2日。ご試飲希望の皆さま期間中、ご来店をお待ちしております。


さて、下記画像これは静岡伊勢丹さんがご用意をくださいました錦園石部商店の説明文です。
DVC00044-2.jpg

<伊勢丹メッセージより>
錦園石部商店
静岡県内産の少量生産の稀少茶を主に取り扱う日本茶専門店です。産地・製法・生産者・品種などを吟味限定し、時には年間で数kgしか生産されない稀少茶でもブレンドせず生一本のお茶として商品化しています。

なるほど、
わかりやすくまとまっているなあと感心している店主石部でした。


日本茶インストラクター(02-0362)
日本茶専門店 錦園石部商店
錦園店主 石部健太朗

« Prev|Top|Next »

HOME

nishikien

Author:nishikien

日本茶専門店 錦園石部商店 http://www.nishikien.com

日本茶インストラクター
02-0362

Face book 錦園石部商店

この人とブロともになる