FC2ブログ

日本茶インストラクター Nishikien owner's weblog 


日本茶インストラクターの店主によるお茶や茶器などにまつわる事柄。

ブレケル・オスカルのバイリンガル日本茶BOOK

37961304_1858274787595252_4849561884468183040_n.jpg


ブレケル・オスカルのバイリンガル日本茶BOOK

ブレケルオスカルさんの3冊目の著書が8月下旬に淡交社より刊行。今度はバイリンガルです。
私も写真提供及び編集協力をさせていただきました。
下記、書籍の内容説明です。アマゾンや楽天で予約可能です。皆さまどうぞよろしくお願いいたします。
ーーーーーー
<青い目の日本茶伝道師が紹介する日本茶の魅力>
  
青い目の日本茶伝道師が魅せられた日本茶の世界 現在、「日本茶・宇治茶」の世界文化遺産への登録を目指した活動が行われ、少しずつですが再び日本茶への関心が高まっています。また、特に緑茶にはカテキンやテアニン、ビタミンCといった成分が多く含まれ、健康飲料として日本国内のみならず、 世界各国でも関心が寄せられています。
 
本書では、スウェーデン出身の日本茶インストラクター、ブレケル・オスカル氏の解説により、成分や効能、製法による種類、単一茶葉のシングルオリジン、全国の産地、煎茶や玉露などの種類ごとの淹れ方など、日本茶を魅力を幅広く紹介します。バイリンガルにより、『ランディー・チャネル宗榮のバイリンガル茶の湯BOOK』の姉妹 編となる一冊。

実際に茶業の現場で製茶を学び、海外でのセミナーの経験も豊富な著者ならではの視点が存分に盛り込まれた日本茶を知るための一冊。

Amazon
http://amzn.asia/iVEEvpI

錦園石部商店 2018年 後期催事のご案内

23915636_1527534980678372_3113259260137174567_n.jpg

錦園石部商店 2018年 後期催事のご案内となります。
下記のスケジュールにて開催させていただきます。よろしくお願い致します。

【静岡】静岡伊勢丹
会期:2018年6月27日(水)~7月3日(火)
場所:B1Fおいしいふるさと村

【東京】秋葉原CABARA 日本百貨店しょくひんかん 5周年記念セミナー<日本茶講座「ようこそ日本茶の世界へ ~日本茶とは何か。樹齢百年の手摘み茶を飲みながら~」>
日時:2018年7月8日(日)15:30〜16:30
場所:秋葉原 日本百貨店しょくひんかん こまき食堂
https://www.facebook.com/…/a.204182273084…/963742407128823/…

【東京】銀座三越
会期:2018年7月11日(水)~7月17日(火)
場所:銀座三越7階リミックス

【静岡】静岡伊勢丹
会期:2018年8月8日(水)~8月14日(火)
場所:B1Fおいしいふ

年9月12日(水)~9月25日(火)
場所:日本橋三越本店本館5階和食器

【福岡】岩田屋本店
会期:2018年10月3日(水)~10月16日(火)
場所:岩田屋本店新館 6階 和食器

【静岡】静岡伊勢丹
会期:2018年10月24日(水)~10月30日(火)
場所:B1Fおいしいふるさと村

【静岡】静岡伊勢丹
会期:2018年11月14日(水)~11月20日(火)
場所:B1Fおいしいふるさと村

【静岡】静岡伊勢丹
会期:2018年12月下旬(大晦日まで)
場所:B1Fおいしいふるさと村

ブレケル オスカルさんの2冊目の著書「ゼロから分かる!日本茶の楽しみ方」2018年6月上旬発売

33751413_1770760213013377_8070251597952712704_n.jpg

北欧スウェーデンに生まれ、高校時代に日本の歴史文化に興味を持つうちに日本茶に触れ、その魅力にひかれ日本茶知りたいが為に、日本語を学び、合格率が25%の日本茶インストラクター資格を取得。

折角、就職した会社を辞してまで、茶業試験場で研修生として学んだ後に、日本茶輸出促進協議会のスピーカーとして世界を飛び回った2年間。

そして、独立して新たな歩みを踏み出した2018年半ばで2冊目の著書として、日本茶の楽しみ方を伝える書籍出版。

これは物語やフィクションでは無く事実です。

人種を越えて、茶業に関わった家に生まれたわけでもないのに、こんなにも日本茶に向き合おうとしている人はいないのでは。

33786532_1770762313013167_6674365730441396224_n.jpg

外国人が日本人に対して、日本茶のいれ方の本を書いたのはこの書籍が初めてであり、これはエポックなのでしょう。実に清々しい気分になります。

日本茶は不変ではなく、時代の流れと共に姿を変えて行きます。まだ若い氏が数十年をかけて日本茶を見つめ、その変化を文字や言葉に記して後世へと繋げていく様に私たちは接しているのです。

33808802_1770760263013372_7412029782323363840_n.jpg

おめでとうございます。そして、ありがとうございます。
これからの一歩は前人未踏の一歩です。その道行きが幸多きことを心から祈っています。

33873838_1770760763013322_7711062782908563456_n.jpg

ご縁のある皆さま、リンク先のオスカルさんの記事をご覧いただきシェアなどしていただければ幸甚です。何卒よろしくお願いいたします。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=10156102477295090&id=539980089

zerowaka2018.jpg

好きな事を仕事とする。または仕事を好きになる。

お茶屋になった人と生まれた時からお茶屋だった人。どちらも苦労はありますが、売れてた時お茶屋に生まれ、そのまま後を継ぐと、既に仕入先や卸先を含めた売り先があり、お茶では無く「モノ」になってしまうのだろうと感じる事があります。
 
生産者も同様で、元から生産者の家に生まれ、作業や機械の使い方は分かっても、何が起きているのか又は製茶の理屈がわからない生産者も少なくない時代。
 
これはお茶に限ったことでもなく、「売れた時代」の次に来る事です。一世代前の顧客とマーケットによって成り立っているのでしょう。売れている時代が続いていれば全く問題はありません。作る側と売る側も万々歳です。
 
そうでなくなった場合にはどうするのか。やはり自らの扱う物についてを学ぶところからが重要です。
ルーチンワークとはしない。起きていることについて考察をする。栽培であれ、製造であれ、販売であれです。扱い品をただの「モノ」として見ないこと。その中でそのモノの歴史を学ぶ事も必要です。歴史から売らんが為の情報や言葉を漁るのは愚の骨頂。
 
分かろうとする事、学ぶ事。それは好きな事であれば出来ます。結局は好きな事を仕事とする。または仕事を好きになる。それが起点なのでしょう。

31543216_1748422431913822_4007073645284294656_n.jpg

平成30年 静岡伊勢丹 厳選新茶・地場産品のご案内

平成30年 静岡伊勢丹 厳選新茶・地場産品のご案内に「露地栽培 手摘み 走り新茶」「天空の築地東頭」「常滑焼平型急須鉄色と窯変」をご掲載いただきました。ありがとうございます。

img20180330_19184103-1.jpg

img20180330_19184103-2.jpg


表紙は常滑焼平型急須窯変と大倉陶苑の煎茶茶碗(茶碗はイメージ写真で販売品ではありません。)となります。

img20180330_19180277-1.jpg

 
ご案内は静岡伊勢丹店頭にて配布されます。
皆さま、どうぞよろしくお願い致します。

2018年伊勢丹新茶のご案内

« Prev|Top|Next »

HOME

nishikien

Author:nishikien

日本茶専門店 錦園石部商店 http://www.nishikien.com

日本茶インストラクター
02-0362

Face book 錦園石部商店

この人とブロともになる