日本茶インストラクター Nishikien owner's weblog 


日本茶インストラクターの店主によるお茶や茶器などにまつわる事柄。

茶の紡ぐ物語

20626622_1476353312454070_2908727672892809422_o.jpg

2017年7月初旬、日本に来て良かったの言葉で終わる書籍の校正を終え、少し古い急須を棚から取り出して茶をいれた。この急須の年の離れた兄弟は世界を旅していると言うのだから、何とも面白く思える。選んだのは恩師の作った茶。
 
最初の原稿を読んだのは6月の中頃だった。これは手強いと苦笑いしながらプリントアウトした頁を繰っていったのを思い出す。
  
諦めない事、前を向く事、真摯である事、情熱を常に、人との出会い、別れ、きっと誰の日常にもある出来事なのだろう。彼が特別なわけでものない事を読んだ人は気がつくのだと思う。
  
私の立ち位置は少々異なる。自らの信じる茶は日本茶のカフェのメニューに成り得ると信じ、いれ方、見せ方などを含めて組み上げ、それが東京の和カフェで採用されたのがこの物語の始まりだった。

「お茶に熱心な若い衆だなあ。俺のお茶は好みじゃないだろうけど、見においで。」と笑顔で声をかけてくれた生産家。神様の名前が付けられた深蒸し茶、生産家の人柄、産地のロケーションは自らの狭隘な性根を打ち壊すには十分だった。出会ってからの4年間は本当に楽しくてしょうがなかった。この4年があったからこそ今の自分がいるのは疑うべくもない。
 
最終原稿入稿目前、生産家の命日にまたがる日、偶さかに青い目の筆者と席を同じくし13年前の茶をいれた。今はもう無い和カフェのメニューそのままのいれ方で。
 
ひとつの茶が紡ぐ縁とは不思議なものだと染々と思う。現実は小説よりもドラマチックで面白いものなのだろう。
 
お茶とはいいものだ。味や香りだけでなく、関わる人も、世界観も全てひっくるめて。

19748751_1444353225654079_8959454684674471150_n.jpg

Top|ブレケル・オスカルさんの著書「僕が恋した日本茶のこと」 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishikien.blog82.fc2.com/tb.php/789-3ba7472f

Top

HOME

nishikien

Author:nishikien

日本茶専門店 錦園石部商店 http://www.nishikien.com

日本茶インストラクター
02-0362

Face book 錦園石部商店

この人とブロともになる