FC2ブログ

日本茶インストラクター Nishikien owner's weblog 


日本茶インストラクターの店主によるお茶や茶器などにまつわる事柄。

在来と品種

11800046_890927990996608_5292488288726950183_n.jpg


在来と品種

催事などで安倍の百年茶や俵峰など在来の製品(品種固定されていない実生の茶樹の葉を原料とした茶)をご案内しています。
在来には野趣がなどとも言われますが、見かける在来の多くは雑味や製造時の欠点が明らかな物ばかりでそれを野趣とするのは余りにも言葉を弄し過ぎのように思えます。品種が導入されたのには意味があり、製品の品質向上に大変役立った事は疑うべくもありません。
在来の面白さは品種茶にはない奥行きと捉えどころのない風味であり、それは分かりにくいもので、特別に美味しいと感じる事はないでしょう。否定するか、肯定するかは、その部分に価値が見出せるのかどうかです。
私は品種茶の再現性がある香味に親しんでいると、ふと在来の茶がいいなと思います。どちらもいいもので、両方あるからより楽しめるのです。
もちろん、品種であれ、在来であれ、茶としてちゃんとつくられているかの大前提があっての事ですけれど。

« 品種茶の役割。新品種茶「香駿(こうしゅん)」|Top|日本茶インストラクターの石部です。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishikien.blog82.fc2.com/tb.php/698-18f8a503

Top

HOME

nishikien

Author:nishikien

日本茶専門店 錦園石部商店 http://www.nishikien.com

日本茶インストラクター
02-0362

Face book 錦園石部商店

この人とブロともになる