FC2ブログ

日本茶インストラクター Nishikien owner's weblog 


日本茶インストラクターの店主によるお茶や茶器などにまつわる事柄。

【JAPAN TEA with JAPAN. 日本の美と美味しさを未来に。】

【JAPAN TEA with JAPAN. 日本の美と美味しさを未来に。】と題して写真を撮っています。

japan-2013-ai


これは昨年10月に名古屋栄三越にて輪島キリモト 桐本泰一さんとお会いした時に生まれたアイデアです。

名古屋三越阿部さんから、何度となく「漆器はどぅ?」と言われても、お茶は香りの飲料だから難しいですよと断り続けていました。しかし、不思議なもので何かにつけて漆の話題が絡んで来る。追っ払っても、追っ払ってもという印象。

9月中旬、日本橋での催事中に漆器が出来るまでの工程見本が並んでいるのを見て恐ろしく手間の掛かるものなんだなと感じて目に入った会社名が「輪島キリモト」。

10月、名古屋で阿部さんから6階で漆器の販売がと伝えられリーフレットには「キリモト」の文字。なんだろうなあ。縁があるよなと思いつつ、フロアを下りると壁面に漆器がずらりと並び、中でも「うるみ朱」「うるみ黒」と名づけられた漆器の美しさには驚きを覚えました。

会期中、お茶をいれて漆器についてのお話をし、ああこれならいけるのかなと思ったのと、キリモト御大から面白いねえ。図面を描いてみるよとの言葉が出たのはほぼ同じタイミングだったように思います。

JAPAN TEA with JAPAN.
日本茶と漆器。
磁器は英語でChinaと呼ばれます。Japanと呼ばれるのは「漆器」。木の建築物に囲まれ、木の器が身近にある国、日本。

「漆器は空気と同じ温度の器なんだよ。」

漆器は茶そのものを感じられる唯一の茶器になるのかも知れません。
そして、漆と茶葉の織りなす美しい茶柄を楽しめる器に。

御大の多忙を極める仕事の中、ほぼ一年の時間を経て図面の器がいよいよ明日、手元に届きます。

1385096_574834262580099_683352845_n.jpg

« Japan Tea with japan. 日本の美と美味しさを未来に。】輪島キリモト製の茶盃と築地東頭|Top|「秋の日。まあ、お茶でも飲もう。ごろり茶会」 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishikien.blog82.fc2.com/tb.php/606-2ec4ceff

Top

HOME

nishikien

Author:nishikien

日本茶専門店 錦園石部商店 http://www.nishikien.com

日本茶インストラクター
02-0362

Face book 錦園石部商店

この人とブロともになる