FC2ブログ

日本茶インストラクター Nishikien owner's weblog 


日本茶インストラクターの店主によるお茶や茶器などにまつわる事柄。

今日は立春ですね。春の足音が聞こえます。

今日は立春、暦の上では春です。暦にあわせたかのような暖かな日になりました。昨年、静岡県で最も早い摘採(昨年の摘採は3月29日でした。種子島などの島物を除き、最も早い製造でしょう。)をした園地へ足を運んできました。

品種は「杉山八重穂」別名「ふためのやえほ」と呼ばれる極早生の品種です。やぶきたの父といわれる杉山彦三郎翁が選抜した品種で翁の苗字が冠されています。例年の3月下旬から4月上旬の摘採実績から考えて逆算すれば当たり前なのですが、すでに萌芽している新芽が多くあります。

杉山八重穂

杉山八重穂(芽がふたつ出る特性から「重なって出る穂(芽が伸びたものが穂になります。)から八重穂」「ふた芽の八重穂」と呼ばれます。ちなみに登録品種の「やえほ」は杉山八重穂を母系統とする実生品種で芽が重なって出る特性はありません。) 

20110204.jpg
萌芽とは新芽が伸びて、包葉と呼ばれる芽を守っている小さな葉と同じ長さになった状態をいいます。(図を参照ください。)

やぶきた
同じ園地のやぶきたと比べてみると差は歴然です。

以前に撮影した写真をご覧頂くと更に差がわかります。
石部が触っている右側のお茶が「杉山八重穂」背中側になる左のお茶の樹は「やぶきた」(2009年撮影)

八重穂とやぶきた

急な暖かさに不安を覚えないわけではないですが、いよいよ春の足音が聞こえてきました。良茶に恵まれますように。祈りの日々が始まります。

日本茶専門店 錦園 石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)

« 2010年度 日本茶インストラクター二次試験。|Top|静岡の山間。スギの様子。気候変動の大きな近年です。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishikien.blog82.fc2.com/tb.php/467-de49916a

Top

HOME

nishikien

Author:nishikien

日本茶専門店 錦園石部商店 http://www.nishikien.com

日本茶インストラクター
02-0362

Face book 錦園石部商店

この人とブロともになる