FC2ブログ

日本茶インストラクター Nishikien owner's weblog 


日本茶インストラクターの店主によるお茶や茶器などにまつわる事柄。

静岡伊勢丹催事、ありがとうございました。

8月12日から19日までの8日間、静岡伊勢丹B1Fにて冷茶の催事をさせて頂きました。8月のお盆の時期は昨年から引き続き2回目となります。お客様をはじめ、ご協力を賜りました皆さま、ありがとうございました。

DSC09413.jpg
築地東頭、冷茶製造中

期間中は呉服町商店街の夜店市もあり賑やかでした。今回の催事では「築地東頭(つきじとうべっとう)」を多くの方々にお楽しみ頂きました。築地東頭は園地にて「やぶきた」がベースとなっていて「築地香駿」「築地山峡」のような品種の特長で勝負をするお茶では無い為、短期勝負の販売で効果のある「わかりやすさ」といった面では伝わりにくい面があります。

DSC06513-2.jpg
築地東頭の園地にて。

5月20日頃に標高800Mの自然仕立ての園地で手摘みされ、摘採日数は約5日だけ。5日間の摘採製造に360日をかけるお茶。良茶生産にかける生産家の情熱は並々ならぬものです。

天候、気温差、標高、紫外線量、栽培方法、摘採の精度、製茶技術様々な要素が織り込まれて生まれる「築地東頭」はやぶきたの特長を持ちながら「特別な存在」となっているお茶です。

催事中、お客様から多くの感想を頂きました。老舗の蕎麦屋さんは築地香駿、築地山峡を飲んで比べながらも「このお茶(築地東頭)は別格だね。」とおっしゃっていました。また、別のお客様は「ここまで透明感を感じられる飲料があるんですね。驚きました。」とも。

ワインがお好きなお客さまの一言も印象的でした。「ワインもそうだけれど、経験の少ない人がグレードの低いものから、上のものは想像が出来ないし、わからないものだよ。まずは美味しさの中に理由がある良いものを飲まなければわからないことが沢山あるね。」

個性があり、嗜好品としての主張を持つ茶はただの味見ではない試飲となり、茶の持つ可能性や楽しさを記憶に残します。催事でお客様とお話しをし、得られるものは実に多いです。このような機会を頂けている事をありがたく思います。

さて、お盆シーズンの催事を終え、9月2日~8日開催 三越名古屋栄店8F催事「お茶を楽しむ。~こだわりの茶葉と急須の世界」にむけて準備追われています。

展示に使用する写真パネルは48枚となりました。販売する急須は約100種類、お茶は20種類以上です。多店舗によるものではない、お茶と急須で30㎡近い広さを使っての催事というのは百貨店でも異例。開催に向けて関係者は鋭意作業を進めております。ご期待くださいませ。

20090809.jpg


日本茶専門店 錦園石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)








« 三越名古屋栄店8F催事 お茶を楽しむ~こだわりの茶葉と急須の世界~|Top|静岡伊勢丹にて築地東頭、山峡、香駿を呈茶中。8月12日~19日まで »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishikien.blog82.fc2.com/tb.php/376-761e7abd

Top

HOME

nishikien

Author:nishikien

日本茶専門店 錦園石部商店 http://www.nishikien.com

日本茶インストラクター
02-0362

Face book 錦園石部商店

この人とブロともになる