FC2ブログ

日本茶インストラクター Nishikien owner's weblog 


日本茶インストラクターの店主によるお茶や茶器などにまつわる事柄。

良茶製造の基本。適期摘採。佐渡山の適期は今。

静岡産大走り手摘み新茶、ご好評を頂いております。杉山八重穂の香味は新茶イメージにぴったりマッチしていて、ひと足先に楽しむ旬の味わいです。

大走り新茶を販売していますと多くのお客様に「もう、新茶なんですね。」との声を頂きます。この「もう」の部分は「え、こんなに早い時期に新茶が採れているんですか?」がきっと含まれています。確かに、2009年の摘採開始は3月26日ですので5月が新茶のシーズンと思っている方には驚きの早さでしょうね。

さて、大走り新茶、確かに早く出来た新茶のイメージですが、お茶の生産から考えると別に不思議な事ではありません。品種の特長として3月下旬から4月上旬に摘採の適期をむかえているというに過ぎないのです。
加温もしていないし、トンネルなどを使った保温による促成栽培でもなく、露地栽培による自然な栽培です。他の産地と早さの競争をして無理に摘んでいるのでもありません。

DSC_4281.jpg
昨年2008年3月26日の杉山八重穂(静岡市:駿河区)

DSC02197.jpg
今年2009年3月26日の杉山八重穂(静岡市:駿河区)

摘みとりをした2009年3月26日と比べ、2008年3月26日はまだ新芽が小さい印象で摘みとりは数日先になります。

摘みとるべき時に摘み、製茶をしています。杉山八重穂にとって旬は今。静岡には多種多様な品種の財産があり、それを活かせばお茶の楽しさをもっと提案できるはずです。


静岡で一番早い露地新茶を生産しているのは「静岡県静岡市駿河区丸子」です。何十年も前から県内のどの産地よりも早く、共同工場による製造が始まり昔ながらの静岡茶を作り続けています。

現在、生産量が多く主要品種となっている「やぶきた」。中生とされますが、在来を中心とした生産がされている時代には「早生」扱いの品種でした。早生か早生でないのかは生産量の多さによって変わります。未来において杉山八重穂が極早生ではなくなる可能性もゼロではありません。



日本茶専門店 錦園石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)

« 静岡の大走り新茶。茶園から見える百貨店。|Top|静岡伊勢丹B1F おいしいふるさと村にて。大走り手摘み新茶販売会のポスター »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishikien.blog82.fc2.com/tb.php/335-6b25dc4c

Top

HOME

nishikien

Author:nishikien

日本茶専門店 錦園石部商店 http://www.nishikien.com

日本茶インストラクター
02-0362

Face book 錦園石部商店

この人とブロともになる