FC2ブログ

日本茶インストラクター Nishikien owner's weblog 


日本茶インストラクターの店主によるお茶や茶器などにまつわる事柄。

大走り手摘み新茶。新茶の出来は上々です。

DSC02891.jpg
園地での様子をお伝えしていましたが、「茶」に出来上がった杉山八重穂の画像は今年初めてになります。3月26日からの寒の戻りも大きな影響はなく、佐渡山らしい香味のお茶となっています。
DSC02907.jpg
拝見茶碗の中は、いかにも手摘み摘採のお茶というのがわかります。ハサミ刈り(可搬型摘採機・手バサミを含む。)のお茶にあるスパっと切れた部分がなく、製茶の段階で切れてしまったところだけが見られます。
水色は形状のあるお茶らしい透明感のある薄い色。昔ながらのお茶づくりが現代に生きています。元来、手揉み茶を原点とする日本茶は上手に出来れば水色は出ないものです。

DSC02908.jpg
大切に作られたお茶をよい茶器(道具)でいれる。乾物である製品としての「茶」から飲料、嗜好品としての「茶」へ。茶葉から、園地や作り手が見えます。 お茶を見れるようになると、楽しさは無限に広がってきます。 「だだ美味しいだけではないお茶」。そんなお茶が静岡にはあります。


日本茶専門店 錦園石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)

« 静岡伊勢丹 日本の美味しいもの展にて。|Top|4月2日。日本茶業の礎を築いた偉人「多田元吉氏」の命日です。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishikien.blog82.fc2.com/tb.php/329-7612f786

Top

HOME

nishikien

Author:nishikien

日本茶専門店 錦園石部商店 http://www.nishikien.com

日本茶インストラクター
02-0362

Face book 錦園石部商店

この人とブロともになる