FC2ブログ

日本茶インストラクター Nishikien owner's weblog 


日本茶インストラクターの店主によるお茶や茶器などにまつわる事柄。

稀少茶さくらかおり、更なる厳選。望月庄司のさくらかおり。

細く艶やかな茎が目をひく茶葉。園地での健康で力強い姿が思い浮かびます。
M-SAKURAKAORI-2-DSC_7783.jpg
俵峰 茶匠 望月庄司のさくらかおり ¥1260/50g

以前の記事でもご案内をさせて頂きました「さくらかおり」。清沢、大川、俵峰の3箇所4生産家による年間の生産量は約300kgの稀少なお茶。

その稀少茶をさらに絞り込んだのが今回ご案内する「茶匠 望月庄司のさくらかおり」。
ひとりの優秀な生産家が生み出す普通蒸し製法の茶となります。単産地、単品種の限定生産茶。生産量は僅かに40kg。園地、製造技術をそのまま見ることが出来るまさに「工芸作物」です。
必要にして十分な蒸し時間、茎が太い製造が困難な品種を無理なく細く揉み上げる技術のは驚かされます。上質な茶を大切にしながら、出来る限りお茶を切らずに形状を残す仕上げをしてあります。それは折角、大きく伸びやかに出来たお茶ならその姿も楽しんで頂きたいと思うが故。(荒茶仕立てなどではなく、粉などの軽い部品やお茶の雑味となるものは取り除いてあります。)

「さらに豊かな旨み、上質な桜を想わせる香り。限定生産茶をもっと限定したスペシャルな茶をご案内したい。」そんな茶専門店のわがままが関係者諸氏のお力添えによって形に出来たひと品です。


<俵峰 茶匠 望月庄司のさくらかおり おいしいいれ方の目安>
茶葉 大さじ1杯(5~6g)
湯量 中ぶりの急須へ8分目(180~200cc)」

一煎目
お湯の温度 冷まして(60度)
待ち時間   じっくりと(90秒)

二煎目以降は75度以上で5~10秒。


さくらかおりの情報は下記をご参考ください。
カテゴリー「さくらかおり」
http://nishikien.blog82.fc2.com/blog-category-15.html

日本茶専門店 錦園 石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)

« 玉川横沢。安倍川上流域山間地銘茶「本山茶」とは。|Top|最高峰の日本茶。築地東頭(つきじとうべっとう)。別格の茶。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishikien.blog82.fc2.com/tb.php/273-c64e880d

Top

HOME

nishikien

Author:nishikien

日本茶専門店 錦園石部商店 http://www.nishikien.com

日本茶インストラクター
02-0362

Face book 錦園石部商店

この人とブロともになる