FC2ブログ

日本茶インストラクター Nishikien owner's weblog 


日本茶インストラクターの店主によるお茶や茶器などにまつわる事柄。

花のような香りの静岡茶。印雑(いんざつ)と呼ばれるお茶たち。

アッサム系の静岡茶をご存知ですか?このお茶、花のようなかおりが楽しめるのです。

hanakaoriDSC_7603.jpg
錦園 アッサム系 静岡茶 花かおり ¥1050/50g

香りの正体に大きく関係しているといわれる成分はアントラニル酸メチル。インド導入系統の実生品種(アッサム実生選抜)静-印雑131(しず-いんざつ131)がこの香り成分を多く持っています。
静-印雑131の他、代表的な品種としては「ふじかおり(母系 静-印雑131 父系 やぶきた)」「そうふう(母系 やぶきた 父系 静-印雑131)」などがあります。

登録品種以外にも特長ある香りに期待がされ、生産者の手によって育成されたものもあり「アッサム系 静岡茶 花かおり」もそんなお茶のひとつ。最優良品種としてゆるぎない「やぶきた」に静-印雑131を掛け合わせて生み出されました。父母はそうふうと同じですが花香はそうふうよりも強く、苦渋味が少ない印象です。

花かおりはパティシエが作る良質な素材を活かしたケーキなどの洋菓子にもぴったりと合います。熱めのお湯を使用して香りをたてていれて頂ければさらにおいしいでしょう。アッサム系のお茶のもつほろ苦い味わいと相まって楽しめます。

<錦園 花かおり おいしいいれ方の目安>
茶葉 大さじ1杯(5~6g)
湯量 中ぶりの急須へ8分目(180~200cc」

お湯の温度 熱め(85度~90度)
待ち時間  早め(30~45秒)

日本茶専門店 錦園 石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)

« 在来(ざいらい)。本当の土地のお茶。玉川(たまかわ)|Top|錦園の急須 黄泥。きなりのもつ優しさ。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishikien.blog82.fc2.com/tb.php/264-8fc4c2d5

Top

HOME

nishikien

Author:nishikien

日本茶専門店 錦園石部商店 http://www.nishikien.com

日本茶インストラクター
02-0362

Face book 錦園石部商店

この人とブロともになる