FC2ブログ

日本茶インストラクター Nishikien owner's weblog 


日本茶インストラクターの店主によるお茶や茶器などにまつわる事柄。

2008年 夏の常滑にて。 窯元見学と交流会。

数年来、夏の行事となっております窯元との交流会が無事に終了いたしました。窯元見学では鋳込み製法、ろくろでの急須つくりを間直にご覧いただき、お手元の茶器がいかにして作られていくのかをお伝えしており、今回は初めて見学者のろくろの体験や、お客様と職人さんを交えての急須のオーダーなども行う事が出来ました。

DSC_7333.jpg
窯にいれられる急須たち。
DSC_7358.jpg
匠の技が光るろくろ製法を間直に見る。
DSC_7438.jpg
常に新しさを感じさせる急須。

ただ店頭に並ぶ茶器を見るのではなく、それを作っている人たちを知るとこれまでとはちょっと違った気持ちでお茶や茶器に触れられていくのではないかと思います。物の切り取られた一面だけではなく、その生まれた背景を知っていくことが大切なように感じます。全ての物は人によって作られ、人の手を経て届きます。「消費する」のではなく「使う」。お茶や茶器を通じてそんなことのお手伝いが出来れば幸いです。



日本茶専門店 錦園 石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)

« 冷茶で楽しむ日本茶の世界 静岡伊勢丹B1F おいしいふるさと村にて|Top|お茶を見る。その後。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishikien.blog82.fc2.com/tb.php/256-3d21ce42

Top

HOME

nishikien

Author:nishikien

日本茶専門店 錦園石部商店 http://www.nishikien.com

日本茶インストラクター
02-0362

Face book 錦園石部商店

この人とブロともになる