FC2ブログ

日本茶インストラクター Nishikien owner's weblog 


日本茶インストラクターの店主によるお茶や茶器などにまつわる事柄。

さくらかおりの想い出。本山さくらかおり新パッケージ。&2007年産 茶匠 望月庄司のさくらかおり完売しました。

桜を想わせる香りのお茶としてご好評を頂いております さくらかおり。気がつけばご案内をし始めて7年目になります。(以前は「静7132望月」として販売。)

さくらかおりの名前についてちょっと昔話。

「さくらかおり」
名づけ親は広尾の和カフェ「蒼庵」の責任者Nさん。2003年に蒼庵のメニュー及び販売茶葉に採用され、「さくらかおり」と名づけられました。蒼庵では摩利支、水香清茶、大葉水香、山峡などとともに人気のお茶となったことが昨日のことのように思い出されます。

お客様がお帰りになった後、スタッフの皆さんに拝見茶碗でお茶を見てもらったり、呈茶のアドバイスをさせて頂いたり。ひと区切りがつくといつも深夜になってしまっていてNさん、店長のMさんとに見送られながら高速道路に向かったものです。(夕方に東京へクルマで走り、深夜に静岡へ移動が当たり前でした。私も若かったんですね。)

IMG_1604.jpg

IMG_1606.jpg
2004年蒼庵にて

2004年、諸事情によって残念ながら蒼庵さんは多くのファンに惜しまれながら閉店。名づけ親のNさんにお話しをして「さくらかおり」の名前を錦園にて使わせて頂くようになりました。

「さくらかおり」。シンプルでとてもよい名前だと思っています。これからも大切にしていくことが私の仕事なのでしょうね。

さて、それはそれとして。
01p-m-sakurakaori.jpg

2007年産 茶匠 望月庄司のさくらかおりが完売となりました。ありがとうございました。(生産量僅かに35?の稀少茶ですから致し方ないのですが無くなってしまうと妙に寂しい気分になります。)2008年の生産まで今しばらくお待ちください。5月上~中旬にはご用意が出来るかと思います。

sakurakaori0206-3.jpg

<本山のさくらかおり新パッケージ>
そして、「本山のさくらかおり」を平袋タイプのパッケージに変更しました。表面にQRコードを記載しお茶の情報を携帯電話などでご覧頂けます。(※パケット代にご注意ください。)

QRコード用URL
http://www.nishikien.com/001-qr/sakurakaori.html


あとひと月もすれば2008年新茶シーズンを目前にして慌しくなってくることでしょう。今年もよいお茶が出来ますように。

日本茶インストラクター(02-0362)
日本茶専門店 錦園 石部商店
店主 石部健太朗

« 女性自身にて、本山のさくらかおりをご紹介頂きました。|Top|日本茶インストラクター協会主催 日本茶審査技術研修会~静岡~ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishikien.blog82.fc2.com/tb.php/194-98e9daf0

Top

HOME

nishikien

Author:nishikien

日本茶専門店 錦園石部商店 http://www.nishikien.com

日本茶インストラクター
02-0362

Face book 錦園石部商店

この人とブロともになる