fc2ブログ

日本茶インストラクター Nishikien owner's weblog 


日本茶インストラクターの店主によるお茶や茶器などにまつわる事柄。

本物は言葉少なく。穴窯で生み出される急須。錦園、新ラインナップの胎動。

まずはこの美しい急須をご覧ください。
DSC_3350-2.jpg
これは四日市市の山本広巳氏製作の急須です。艶のある肌、
愛おしいまでの手触り。赤松のみを燃料として、穴窯で生み出
される山本氏の茶器は一般的なそれとは一線を隔します。

急須は生活雑器として使われる為に作られ、その中にアートを
感じるものは一部だけと言っても過言ではありません。

山本氏の茶器は今後ゆっくりとご紹介させて頂きます。今回は
まずその姿をお楽しみください。

産地:四日市市
製作:山本広巳氏
価格:応談
数量:1
※穴窯で焼かれる手づくりの茶器ですのでひとつしかない焼物
になります。

日本茶インストラクター(02-0362)
錦園店主 石部健太朗


急須の画像をさらにご覧になりたい方は続きをお読みください。

DSC_3344.jpg
DSC_3345.jpg
DSC_3346.jpg
DSC_3347.jpg
DSC_3348.jpg

« いれるお茶を選ばず人気です。ティーポットのご紹介。実は紅茶ファンに好評です。|Top|べにふうき 秋の花粉症シーズン »

コメント

対流が良さそう

曲線がなめらかですね。これも常滑焼ですか?

まゆげいぬさん、いらっしゃいませ。
この急須は産地としては三重県四日市市に
なります。

焼物としては「万古焼」になるのでしょうが、
万古焼としてしまうのには気持ちの中に
躊躇が生まれます。なぜなら、この焼物と
おなじものは万古には無いからです。

万古焼というのではなく、山本さんの焼いた
焼物というべきなんでしょうね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

山本さんの急須、とても大事に使っています。

山本漉しが気に入っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishikien.blog82.fc2.com/tb.php/153-e27c45bf

Top

HOME

nishikien

Author:nishikien

日本茶専門店 錦園石部商店 http://www.nishikien.com

日本茶インストラクター
02-0362

Face book 錦園石部商店

この人とブロともになる