FC2ブログ

日本茶インストラクター Nishikien owner's weblog 


日本茶インストラクターの店主によるお茶や茶器などにまつわる事柄。

煎茶陶芸の美と伝統 人間国宝三代山田常山への道 愛知県陶磁資料館 秋季特別企画展

愛知県陶磁資料館 秋季特別企画展
 「煎茶陶芸の美と伝統」人間国宝 三代山田常山への道 が開催されています。

目録はじめに書かれた主催者あいさつ文中に故三代山田常山氏の三回忌にあた
るこの時期を選んで開催するものですとありましたが、言葉どおりの良質な展示
になっています。

DSC_3352.jpg

本当に恥ずかしいことなのですが、今回の展示会で初めて山田常山氏の作り出し
た茶器の素晴らしさが心に届きました。以前に常滑へ行った際にとこなめ駅にて
氏の展示会が開催されており、その時も目にしているのに当時の私にはその良さ
が分かりませんでした。

今回の展示は中国 宜興窯 茶銚の名品(紅顔少年など)から江戸末の日本におけ
る煎茶器の製作、常滑での急須製作と流れ「名工誕生」と題して初代、二代、三代
の山田常山氏の作品群を目にすることが出来ます。(轆轤の名手とされた初代が
製法の異なる紅顔少年を轆轤で写した作品も展示されておりこの二つを見比べら
れます。)

特別展を観終わり、正直今までの自分の認識が恥ずかしくなりました。製作者の
情熱が茶器からこんなにも発せられているのにそれに気づけなかったとは。

展示品の数、内容ともに秀逸。お時間の許す方はぜひ足を運ばれることをお奨めし
ます。主催者の方の努力、今回の展示に協力なさった皆様に感謝です。
お茶を生業にし茶器を扱うものとしてはもちろんのこと、個人としても大きなものが
得られました。ありがとうございました。

今回の展示品についての目録をお求めになるのをお忘れになりませんように。

煎茶陶芸の美と伝統 人間国宝 三代山田常山への道
2007年10月6日~11月25日まで。

愛知県陶磁資料館
HP:http://www.pref.aichi.jp/touji/




日本茶インストラクター(02-0362)
錦園店主 石部健太朗

« べにふうき 秋の花粉症シーズン|Top|職人急須 宝生庵のページが出来ました。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishikien.blog82.fc2.com/tb.php/152-64d1536a

Top

HOME

nishikien

Author:nishikien

日本茶専門店 錦園石部商店 http://www.nishikien.com

日本茶インストラクター
02-0362

Face book 錦園石部商店

この人とブロともになる