FC2ブログ

日本茶インストラクター Nishikien owner's weblog 


日本茶インストラクターの店主によるお茶や茶器などにまつわる事柄。

掛川・これっしか処ギャラリー「お茶と急須の写真展」より

掛川・これっしか処ギャラリー「お茶と急須の写真展」より。

センターウォール写真 左から「春の新芽」「茶摘み」「茶の風景」「製茶」「急須づくり」となっています。

20121029-center01.jpg
【春の新芽】上から
1・「本州で最も早く露地栽培の 新茶として摘みとりがされる「杉山八重穂」
2・昭和40年に登録された 品種「やまかい」
3・馴染みのある蒲鉾型の樹形ではなく、一本の樹のように仕立てる「自然仕立て園」品種「やぶきた」
4・5月中旬夕方。静7132

【茶摘み】上から
1・4月上旬、静岡にて摘みとりが行われる杉山八重穂。
2・標高800m近い山間地で栽培される「やぶきた」摘みとりは5月下旬。
3・ひと芽ずつ、手早く丁寧に摘みとりが行われる。
4・びくの中に、ふわりと入った新芽。芽の熟度が揃っている。

【茶の風景】上から
1・大河天竜川と古代の土地に育まれる天竜のお茶。茶園のはるか下に天竜川が見える。2012年10月。
2・薪によって焼成が行われる「穴窯」。現代の急須はガス・電気の窯で焼かれる。穴窯にによるものは稀だ。(愛知県常滑市 谷川勝明氏の窯場)
3・江戸時代に作られた急須をモチーフに作成された急須。上を向いた持ち手から当時、お茶をいれる際にテーブルが無かったことがうかがえる。(愛知県常滑市雪堂作江戸姿 文人急須/朱泥)
4・日本茶の茶器としてポピュラーな急須。写真は石膏型を使って作られる鋳込み製作のもの。黒い色は、赤い急須をもみ殻に埋め再び焼くことで生まれる。

【製茶】上から
1・茶工場の「蒸し機」。日々の生活の中にとけ込んでいる緑茶だが、水蒸気を使って「蒸して」つくる緑茶は世界的に見ると珍しい。緑茶の最大産地は「中国」でありその最も多い製茶方法は「炒り製」である。
2・手揉み茶に端を発する日本茶の特長でもある「針のような形」。最後の行程で使用されるのが「精揉機」。この工程で茶葉はドラマチックにその姿を変えていく。(静岡 築地勝美氏)
3・精揉行程の最後、紡錘形の美しい形のお茶が出来上がる。荒茶の完成も目前だ。
4・急須と拝見茶碗。茶碗の中で、茶園にあった時のような姿に戻る。

【急須づくり】
1・轆轤によって作られる急須。とても手間が掛かり、良質な品は「愛知県常滑市の常滑焼き」「三重県四日市市の萬古焼き」に多い。
2・多くの急須は胴体、持ち手、注ぎ口、蓋、茶こしで構成される。茶こし以外は全て轆轤で作られる。丸や円柱形が基本になっているのは、回転する轆轤を使用する為。
3・象眼の行程。これは「印花(いんか)」と呼ばれる意匠。ひとつずつ、丁寧に押していく。
4・急須の注ぎ口をつくる。口の下を伝わらないようにし、気持ちよく乱れずお茶を注ぎ切れるように心がける。(上記は全て常滑 磯部輝之氏)

<実際の展示>
DSC07436.jpg

掛川・これっしか処ギャラリー「お茶と急須の写真展」より。
サイドウォール写真

20121029-side01.jpg

-------説明文より--------
春・彩りの新芽
緑一色に見えるお茶の新芽。実はその色は様々です。お茶の摘まれる環境も含めて、ご紹介します。

※左上から

1・黄色の芽。時折、見かける枝変わりとも言われる色の違う新芽。写真のように黄色や、もっと白いもの、斑入りなどがあります。ほぼ、毎年同じ場所で見ることが出来、その部分を挿し木すれば増やすことも可能です。味は渋みが少ない印象です。

2・赤い新芽・静7132。やぶきたを母とする静7132は赤い芽の品種です。デビューは昭和40年頃。静岡の山間地や西部など多くはありませんが植えられています。桜葉のような香り成分を持ち、うま味が強いお茶です。

3・在来種の新芽。現在の品種導入がされている茶園のお茶は全て挿し木によって植えられているものです。対して在来は「茶の実」を植えたもの。茶は自らの花粉では実を作らな
い性質があり、「茶の実」は母系統の木とは異なる茶の花粉によって結実します。つまり、実を植えた茶園は一本一本が異なる茶樹によって構成されることになります。新芽の季節はそれがよくわかります。在来種の茶園は芽の色、大きさなど個性にあふれます。

4・青空の下の新芽。静岡の緑茶の多くは露天で栽培され日の光を浴びて育ちます。爽やかな風が吹く山間、海のように広がる平野部の新芽、それぞれに美しいものです。

5・寒冷紗(上部に見える黒い布)などによって光を遮って栽培をするとお茶の色は緑色の色が濃くなります。同じ場所で育てても、遮光をしたものとそうでないものは性質が異な
ってきます。遮光して栽培されたお茶の香味は、ゆっくりとした雰囲気です。

6・よしずや、藁、寒冷紗などを使う被覆栽培。その歴史は鎌倉時代まで遡ると言われます。色を良くする為ではなく寒害・霜害を避けようとしたものでした。

7・2012年全国茶品評会出品茶園の新芽。寒冷紗の隙間からの光が美しい光景をつくります。品評会のお茶はそのほぼ全てが被覆栽培です。被覆せずに栽培したものがあれば、ひと目でそれとわかります。全国各地で栽培や製造方法が異なっていた「茶」が現在のように均一になったのは外貨獲得を命題とした輸出作物だったことが大きな理由のひとつです。品評会は製品としての「茶」の規格を揃える製造見本の意味合いから始まったものです。

8・彩り豊かな在来種の茶園。その土地で生まれた茶の実を植えた在来の茶園は芽の大きさや硬さ、色も様々で新芽をそのまま食べても味が異なります。摘み取りや製造はしにくく、製品となったお茶も品種導入されたものと比べて見劣りします。品種の力というのは伊達ではないのです。が、在来種には品種茶には無い個性が多くあり魅力に溢れます。
特に手摘みされ、丁寧につくられた在来のお茶には効率化の流れの中で茶が失った大切な何かが潜んでいます。

9・茶摘みのびくを覗く。手摘みされた新芽がびくの中でふわりと揃っている。栽培と手摘みの優れた技術が生んだ一瞬の芸術。

10・リズミカルな手摘み風景。蒲鉾のような形の樹形は手摘み、機械摘み、栽培の管理などをしやすくしようとしたもの。摘まれているのは2000年に登録された新品種の香駿。
「芽の数が多くて摘みとりが進まないよ。」と笑顔のぼやき声が聞こえました。

11・美しく揃った摘採後の茶葉。サラダにして食べられそうです。園地で丹精し育てられた良質な茶葉が良茶をつくります。そこには魔法はなく、生産者の地道な努力と技術を磨こうとする向上心のみが結果を生み出します。

12・上記写真の茶葉が製品(荒茶)となった様子。手摘み摘採、製造は機械です。針のような美しい姿です。

<実際の展示>
DSC07414.jpg


掛川・これっしか処ギャラリー「お茶と急須の写真展」より。
ピクチャーレール 7×3=21枚の写真

201210297Rail21-02.jpg


-----各列の説明文より------
左から

1列目・3月下旬から4月上旬の静岡市にて。
本州で最も早く摘まれる路地栽培の極早生品種「杉山八重穂」。
霜の害を受けにくい自然仕立てと呼ばれる栽培がされる。「杉山」は選抜者でもある、やぶきたの父として知られる杉山彦三郎翁の名字。
新芽が重なって出てくることから「八重穂(やえほ)」となった。翁の名が冠された品種は「杉山八重穂」だけであり、静岡の露地栽培で3月下旬に摘採出来る可能性があるお茶としても貴重な存在。
味わいはほろ苦さとうま味が特長で、チャーミングな香味のお茶。

2列目・5月上旬2012年全国茶品評会出品の為の自然仕立て茶園にて。
寒冷紗の下、薄暗い中で沢山の人によって手摘みが行われる。栽培、摘みとりの精度と鮮度は品質に直結する。摘みとられたのお茶は2012年の全国茶品評会でベスト10に入賞した。

3列目・5月下旬、標高800メートルの山間地につくられた自然仕立て茶園。
陽射しの中に夏を感じる季節。吹き抜ける爽やかな風、陽射し、青空。
美しい茶園とそれに関わる人たちの笑顔。その全てが素晴らしい。

4列目・2012年5月28日、移り変わる天気。 
雨降りの茶園12時51分 
晴れの茶園 13時31分 
雨の名残、丸いはぐれ雲ひとつ。13時46分
茶園風景は晴れの日も雨の日も美しい。

5列目・在来茶園にて。
様々な色合いの在来茶園。色の違う部分はそれぞれが違う茶樹。挿し木による品種茶園のように緑一色ではなく彩り豊かだ。亀の甲羅や迷路のような茶園の多くは在来になる。
石垣の中から生えるお茶は動物が運んだ茶の実が発芽したもの。これも在来。

6列目・秋の茶園風景。
新芽の季節だけでなく秋も茶園は見所が多い。春から夏の間にどんなことがあったのかを茶園は雄弁に語る。

天竜川上流域 佐久間町上平山と羽ヶ庄ともに品種は「香駿」
安倍川上流域 葵区玉「やまかい」と「やぶきた」の混植茶園

7列目・製茶工場にてお茶は工芸作物と呼ばれる農作物。園地での栽培だけでなく「製茶」という作業が重要になってくる。
園地でよい葉を育て、それを出来るだけ損なうことなく「茶」としていく。
優秀な生産者ほど、「いいお茶づくりの9割は茶園で終わっているよ。」と笑う。
残りの1割が製茶だというがその1割はとても重要な意味を持っている。

乾燥作業が終わったお茶に湯を注ぐと一枚の葉に戻った。

2012年5月26日 午後8時47分から3分間の出来事。

<実際の展示>
DSC07432.jpg



日本茶専門店 錦園 石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)         

「お茶と急須の写真展」/10月29日(月)~11月18日(日)

茶園写真家 石部健太朗

「お茶と急須の写真展」
会期:10月29日(月)~11月18日(日)
場所:掛川駅南口コンコース これっしか処ギャラリー
時間:AM9:00~PM5:00

20121029-ポスターWEB



20121029-001.jpg


茶園写真家」という言葉を初めてお読みになられた方がほとんどでしょう。この言葉は私が写真提供をさせていた
だいた2009年7月に出版の「日本茶ソムリエ和多田喜の今日からお茶をおいしく楽しむ本」の巻末において登場した
肩書きです。
永年性の作物である「茶」。茶園は人の手による造形美と、茶樹を育む自然が美しい風景を織りなす場所です。その瞬きの時間を写真として残し、多くの方々にお伝え出来ればと願っております。
そして、お茶と縁深い道具である急須はつくるのが難しい茶器。職人の技術が光る逸品の急須と製作の様子をあわせてご覧ください。


DSC07432.jpg


DSC07415.jpg


日本茶専門店 錦園 石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)

「お茶と急須の写真展」/10月29日(月)~11月18日(日)まで、掛川駅南口コンコース内 これっしか処ギャラリーにて

20121029-ポスターWEB


10月29日(月)から11月18日(日)まで、掛川駅南口コンコース内 これっしか処ギャラリーにて「お茶と急須の写真展」と題して写真展を開催させていただけることとなりました。

画像は告知ポスターとなります。11月17日・18日は掛川で開催される全国お茶まつりと会期が重なります。おいでの際はお気軽にお立ち寄りいただければ幸いです。


尚、11/10(土)・11(日)・17(土)・18(日)は会場で写真の園地のお茶をお楽しみいただこうかなと思っております。何卒よしなに。
日本茶専門店 錦園 石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)

名古屋栄三越催事 【お茶の時間】のお知らせ 期間:10/17(水)~10/23(火)

<お茶の時間>

期間:10/17(水)~10/23(火) 最終日(PM5:00閉場)
場所:名古屋三越栄店8階 ジャパネスク

NAGOYAA5.jpg


三越栄店 WEBサイトより抜粋

くつろぎの一時をおいしいお茶と器で。静岡希少茶葉の錦園の試飲販売、常滑焼の職人急須を使って入れるお茶と相性を考えて創作した花桔梗の創作和菓子、職人のこだわりの品々を作り手のトークを添えて販売いたします。

http://nagoya.mitsukoshi.co.jp/pdf_catalogue/catalogue.html

日本茶専門店 錦園 石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)

茶産地・天竜にて

東京、静岡とほぼ三週間に渡った連続催事を終えて、本日は天竜でご縁のある生産者の園地を回らせていただきました。

DSC06773-宮沢おくひかり


DSC06802-宮沢おくひかり香駿


秋整枝が終わっているところといないところがあり、園地の様子などを見て回るにはいいタイミングでした。仕立てや整枝についての考え方も本山でのそれとは異なり、興味深いものです。(写真にはありませんが、斜面に対して「縦」の畝もあり導入された時代についてを考えたりもします。)

DSC06766-宮沢

天竜川という大河がこの産地を特徴的なものにしています。標高の高い場所に園地が形成されていますが、以前は水害の対策などで生活圏が高い位置であったことにに由来しているようです。

DSC06837-宮沢-背後の林の中

DSC06840-宮沢-背後の林の中


かつて茶園であった場所に植林が行われ、森にはいるとあちこちらに古い茶樹が見られます。(園地が作られたのは江戸の頃ではとも。※未確認です。)

DSC07112-天竜小嶋

また、地質図を見れば1億年近い地質が露出している土地でもありそこについても産地として興味深いです。

林業との兼業生産者が多く、製茶機械は35キロ半ラインが現役。品種はやぶきたが主で、在来も点在。とはいえ、おくひかりや香駿などを導入している方もいらっしゃいます。訪れた生産家のひとりは、おくひかりがまだ系統番号で有ったころ既に導入をしたとおっしゃっていました。(多分、20年以上前。)

DSC07063-天竜小嶋


静岡の茶産地としての多様性を肌で感じられる産地。何より、天竜美林とも言われる美しい植林風景と茶園は静岡らしい光景です。

DSC06906-宮沢

日本茶専門店 錦園 石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)

パリの日本茶専門店「Yasu Kakegawa」さんが、フランスで日本茶に関しての書籍を出版した方にインタビューを受けられ、そのことがブログにて紹介されています。

http://www.le-guide-des-thes-du-japon.com/index.php?m=10&y=12&entry=entry121005-184827

---------------------------------------------------
1・「なぜ今日本茶専門店を開店したのか?」
Y・「お茶だけでなく、食料全般的にいえるが、味のないものがふえている、そうではない、味があり、またおいしいだけでなく、感動させるお茶を紹介したい」

2・「すばらしいお茶とはどういうものか?」
Y・「自然と生産者の努力から作られる、調和の傑作」

3・「日本茶をワインみたいに熟成できるか?」
Y・「できます、夏過ぎてからの方がおいしい、同じお茶をいくつもかって、開ける時期をずらして、試してみてください」

4・「どんなお茶が好きか?」
Y・「ブレンドではなく、土地、生産者の特徴が感じられる品種茶」

5・「最後に言いたいことがあれば?」
Y・「お客さんと同時に生産者に感謝したい。優れた生産者のお茶を見に、ぜひお店に一度来てみて下さい。」

---------------------------------------------------

質問に対しての答えを読んでいると農業国であり、ワインを文化として親しんでいるお国柄を感じる。日常茶飯の中ではなく、お茶の嗜好品としての面に光が当てられている。
紅茶から始まったブレンドの技術は製品の安定化という意味合いが強い。製造環境や工程によって差が大きくなりやすい紅茶というお茶を大量かつ安定的に販売するには必要な技術であり、それは海外からの商人が力を持ち主導したであろう日本茶が輸出される際にも活かされたことは想像に難くない。ブレンドとは価格に対して釣り合った「調味・調香」をし、商品としてのボリュームをつくる為(売り前をつくる為)の技術だ。

蒸気を利用して殺青を行う蒸し製の日本茶はその製法上、品種や産地の様子をよりストレートに茶葉の形で残す。釜による炒り香(繊維の焦げ)などに類した香りも持ちにくい製法であり、園地や生産者ごとの違いがわかりやすい茶種だということを忘れてはいけない。それは日本に暮らしている多くの日本人が気がつかない素晴らしい一面なのだ。

抹茶(碾茶)の生産に端を発する「蒸し製の日本茶」は世界的に見て非常に珍しいお茶であり、水質に対してもデリケートなお茶といえる。本質的な美味しさを海外で体験するのであればふさわしい「水」が手配出来る国でなければ難しいだろう。その点においてパリはそれが可能になっている場所だ。その地で日本茶が紹介されるというのはなんという僥倖なのだと思える。

Top

HOME

nishikien

Author:nishikien

日本茶専門店 錦園石部商店 http://www.nishikien.com

日本茶インストラクター
02-0362

Face book 錦園石部商店

この人とブロともになる