日本茶インストラクター Nishikien owner's weblog 


日本茶インストラクターの店主によるお茶や茶器などにまつわる事柄。

職人の手仕事。常滑急須職人 吉川雪堂さんの仕事場にて

良茶を楽しむにはよい道具が必要との想いから、茶器の製作現場にお邪魔するようになって気がつけば10年以上が経ちました。足を運べば運ぶほどに以前には見えなかった事柄が見えるようになってきて発見は尽きません。

伝統的な技法で作られる職人の手業には素直に感動を覚えます。生活雑器として使用される急須ですが、製作する側から見ると実にやっかいなものです。胴部分に対して離れた位置に重心が来る持ち手や注ぎ口。ぴたりと合う事を要求される蓋。使いやすさを考えた持ちやすさと軽さ。
当然ですが水分を含んだ土は、窯で焼かれることによって変形や収縮をします。その変化を経験で読みながら製作していくことの難しさはもっと知られてもいいのでしょう。※以前伊書いた焼成による変形などについての記事。
置物や、ものを乗せるためではなく「使う道具=調理器具」としての部分が重要な焼物が急須です。

さて先日、撮影に訪れさせて頂いたのが吉川雪堂さんの仕事場です。雪堂さんとは数年前に有名陶磁器店のご依頼で急須による香味の変化を伝えるためのマニュアルを作成した事から始まります。結果報告に窯元へ伺った際に初めてお会いしました。工房では言葉少なく、職人然としたちょっと気難しい方なのかなと感じましたが交流を兼ねた食事会では朗らかにお話しをして下さり、ものつくりについてのしっかりとした考え方に触れることが出来ました。現在は開催されていませんがOZONE 夏の大茶会では常滑蓋碗、てのひら急須などを製作して頂きその仕事の丁寧さはお客様から好評を頂戴しました。急須はもちろんですが、日本茶ソムリエの和多田さんも気に入ってくださり、著書に登場する和多田式オリジナル茶器は氏の手によるものとなります。

DSC01321.jpg

DSC01339.jpg
使用する土は、朱泥のみ。仕事場は朱に染まっています。胴部分は常滑の伝統的な一個びきによって作られます。
「写真に撮られることに慣れていないから手が震えちゃうよ。」といいながらも出来上がる各パーツはぴしりとしています。

DSC01438.jpg
急須の胴部分
DSC01476.jpg
注ぎ口
DSC01928.jpg
胴部分の仕上げ工程
「この段階で綺麗にしておかないと出来ない事があるんだよね。」剃刀を使いながら表面を整える姿。

茶漉しの製作。ぼうずと呼ばれるこけしのような形の挽き物に土を貼り、穴をひとつづつ開けていきます。この細かな仕事は多くの方に知ってほしいものです。
DSC01721.jpg

DSC01843.jpg

DSC01852.jpg
21世紀の今、このような手仕事がされているのは伝統工芸品の世界だけかもしれません。

DSC02095.jpg

工房にあったサンプル品。この二つに割った急須をご覧ください。薄さもさることなら不必要な厚さが全くありません。技術力の高さがこれからも分かります。

DSC02044.jpg
吉川雪堂さん

「丁寧な仕事を心掛けているんだよね。ちゃんとやらないと自分の気もすまないしさ。でも、これは昔から当たり前のことだと思ってやっていることなんだよね。」

祖父から連なる急須職人の家に生まれ、急須を作り始めて45年。良いものを作りたいという真摯な気持ちが作品から伝わります。


以前、講演会で「芸術品」と「大量生産品」の中間に位置する商品群を提案していくことの大切さについてといった内容を聞いたことがあります。職人の手による「個」の表現された品がまさにこれにあたります。職人が手仕事によって作り出す品々は、取り巻く環境を考えると現在、世に出ているクオリティの品が減る事はあっても増える事は無いように思う事が少なくありません。このような時代にホンモノに触れ合う機会があったことを感謝します。

使う人も物が生まれる場所の姿、様子を知り、物を見る眼を養う事が必要な時代が来ているのかもしれません。
2月17日~23日に名古屋三越栄店8Fで開催される催事では雪堂さんの急須を数十点と今回撮影した様子をパネルにし、あわせてご紹介をさせて頂く予定です。ずらりとならぶ伝統製法で作られる朱泥急須群。是非、お手にとってその仕事の素晴らしさを感じて頂ければ幸いです。



日本茶専門店 錦園 石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)

2009年 錦園冬のギフト ご案内発送中です。

20091201-01.jpg

お客様へ
 お世話になっております。錦園の石部です。2009年も冬のギフトのご案内をお届け出来るようになりました。これも皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

 振り返ってみればあっという間の2009年でした。元旦から新聞広告に大きく取り上げて頂けたことを始め、県内でもっとも早い新茶の販売。情報誌「BRUTUS」への商品掲載。日本茶ソムリエ和多田喜さんが書かれた著書「今日からお茶をおいしく楽しむ本 二見書房」への写真協力。三越名古屋栄店8Fにての広いスペースを使用しての催事。昨年から引き続きお手伝いをさせて頂いた丸善名古屋栄店4F開催「急須百選展2009」などなど。実に色々とやらせて頂けました。

秋から冬にかけての「選り抜きほうじ茶」「静岡本山熟成之茶」、新商品の「静岡新米玄米茶」(※期間限定販売最終受付12月31日まで。)それぞれにご好評を頂戴し嬉しく思います。

 これからも「錦園だから出来ること」を常に心掛け、お茶の時間を楽しめるように個性豊かな美味しいお茶や、よい茶器をご案内させて頂きます。今後ともどうぞ応援のほどお願い申し上げます。



日本茶専門店 錦園 石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)
2009年 冬


<お知らせ>
年末の静岡伊勢丹にての呈茶販売会を今年も開催致します。毎年ご好評の静岡本山熟成之茶を使用した「初春之茶」をはじめ伊勢丹で人気の高品質なほうじ茶「錦園の選り抜きほうじ茶」、話題の抗アレルギー茶「紅ふうき」などをご案内致します。年末のお忙しい時ですがお近くにおいでの際はお立ち寄り頂ければ幸いです。

場所:静岡伊勢丹B1Fおいしいふるさと村
期間:2009年12月26日~12月31日
時間:午前10時から午後7時30分閉店まで

20091201-02.jpg

Top

HOME

nishikien

Author:nishikien

日本茶専門店 錦園石部商店 http://www.nishikien.com

日本茶インストラクター
02-0362

Face book 錦園石部商店

この人とブロともになる