日本茶インストラクター Nishikien owner's weblog 


日本茶インストラクターの店主によるお茶や茶器などにまつわる事柄。

晴れた日はオープンエアで。幌をあげて出掛けよう。

2011-CELICA.jpg

「晴れた日にはオープンで出掛けよう♪」

と、言いたいところですが、今の季節に幌をあげて走るにはちょっと躊躇を覚えます。

いよいよ花粉の飛散が多くなってきました。朝起きると眼のかゆみが気になる日々です。

粉末べにふうきのスティックを2本切り湯のみにいれて熱湯を注ぐ。これが一日の始まりの一杯です。しばらくすると眼のかゆみが治まり、デスクワーク、電話、撮影、納品、発注、打ち合わせなどの仕事がスタート。

アレルギー症状で鼻が詰まって眠れなかった事も何度もありました。点鼻薬に目薬、飲み薬を飲んでも一向に症状が改善されず、鼻のかみすぎでヒリヒリとしていた記憶も遠い過去のものではありません。

数年前にべにふうきを商品として手がけて自分でも飲み続けたところ「これなら薬無しでも」と思えて今に到ります。以来、私が花粉症の対策としてしているのは「べにふうき」だけです。
今シーズン、花粉の飛散が多い年と知りつつも「花粉の多い環境でべにふうきは自分にとってどこまで有効なのか?」を試している私がいます。

さて、べにふうきがアレルギーに「効く」「効かない」というのは薬事法に絡んで伝えられない事なのですが、私の体感としては飲み始めた年よりも翌年、そしてまた次の年といった感じで症状が軽減しているようです。

私の場合、飲み始めは1月中旬から飲み終わりはヒノキの花粉が終わる頃まで。1月中旬は朝にスティックを1本飲み、気がついた時にまた飲む2~3本/日ペース。いよいよ、花粉の飛散が多くなって来たら朝に2本飲んで始まり4~6本のペースです。山で茶園の撮影をする時には出掛ける直前に2本飲んでから、水筒にお湯と粉末のべにふうきを持って出発します。

効果が無いという感想をお持ちの方もいらっしゃると思います。そのような方は以下のことを試してみてください。

・使用するお湯は出来るだけ熱い物を使う。沸きたてがいいです。
・スティックの場合は飲める温度になったら早めに飲みきってしまう。
・花粉が今日は多いなと感じたら、朝の1杯は2本使ってみる。
・取りあえず毎日飲んでみる。(食事の際のお茶として日に3回)
・時間があったら、生姜のスライスやおろしたもの+べにふうき に熱湯を使ってみてください。

鼻水、くしゃみゼロとはなりませんが、多くの方の症状の軽減に繋がればいいなと思います。

benifuuki.jpg

さて、本日も深夜までかかる仕事になりました。目前に控えた催事の準備をする傍らに、紅ふうきを置いて飲んでいます。

日本茶専門店 錦園 石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)


静岡の山間。スギの様子。気候変動の大きな近年です。

静岡は林業が盛んな土地柄だったので、山は雑木よりも植林された杉が目立ちます。山の色が同じ木の種類で揃っている風景は人が作ったものなのです。これは茶園の美しさのも通じます。園地の美しさは自然のものではなく人の手による造形美のひとつでもあります。

2月に入って寒が緩みました。外に出ていると花粉を感じます。静岡の山間はこんな色になってきました。

DSC02735.jpg

杉の花粉の量は前の年の夏に決まります。夏が暑く、雨が少ないと花粉の量は増えます。2010年は梅雨明け後40日間雨が無い年でした。結果、一昨年の5倍とも10倍ともいわれる飛散の予報が出ています。(ちなみに2010年の花粉飛散が少なかったのは2009年の夏が雨が多く涼しかった為でした。)

DSC02742.jpg

べにふうきを常飲しているとはいえ、花粉症なのでこの写真を撮っている時は心穏やかではありません。

さて、急に暑くなったり、寒くなったり地球が風邪をひいた様な気候変動はお茶の栽培を難しくしてきています。季節の移り変わりとともに気温が下がっていくと茶樹は段々に冬の準備をしていきます。からだの中の水分を減らし、葉を硬くし寒さに耐えられるようになっていく。お茶の樹は一日の平均気温が19度以下になると芽が伸びなくなって休眠の状態にはいります。逆に考えると、平均気温が19度以上になっていると新芽を大きくし、葉を作ろうとするということ。気温が上昇する時期の場合は新茶と言われる一番茶以降、二番茶、三番茶、四番茶と摘み取られた後に伸びてくる新芽を次々に刈り取ってお茶にしていきます。

DSC02734.jpg
秋の整枝をせず春の整枝で対応しようとした園なのか伸びた芽が目立つ茶園。春の整枝後に新茶の芽が揃うのか興味があります。よく通る場所なので観察してみたいなと思います。

問題なのは、秋の摘採を終えて休眠に入り来年の準備をするタイミングなのに気温が下がらず、芽が伸びてしまうこと。来年の一番茶になるはずの芽が大きくなろうとした時に寒さに当たってしまうのです。(静岡では三番茶の時に形成される芽が来年の新芽になります。)寒さによる害は新茶時期の時にばかり気にしがちですが秋の段階で寒さの被害にあってしまうと翌年の春に影響が出ます。今年のような12月まで変に暖かな日が続いて、急に寒が来るのは決していいことではありません。対応は秋の整枝を遅くすること。翌年の新芽を大切にして寒さに当たらないようする整枝をする。カレンダーで決めるのではなく、茶樹の様子、その年の気候を考えて整枝をする。それこそが園地を見て「業」として行うことであり「農業」です。

DSC02636.jpg

園地の管理が行き届き、葉の大きさ、整枝後の茎の太さが揃った状態のよい園地です。品種はやぶきた。錦園の扱い茶ではありませんが今年の新茶が期待される茶園です。(こんな茶園ばかりなら安心なのですが。)園主にお話しをうかがうと秋の整枝は10月の下旬だったとのことでした。

花粉の飛散が始まると春の雰囲気を感じます。そして、今年の新茶が無事に出来るのか?不安と期待の入り混じった日々も始まります。

日本茶専門店 錦園 石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)

花粉の飛散情報掲載開始~静岡新聞~

2月になり寒さが緩む予報です。静岡の最高気温の予想は13度。(昨日は8.5度でした。)携帯電話の天気概況でも寒さはピーク越えの文字が流れています。

DSC02726.jpg

そして静岡新聞には「花粉情報」の掲載がはじまりました。現状はまだ静岡全域で「少ない」の文字。しかし、市内の花粉症同士の会話は「(花粉)飛んでいるね。」です。石部の場合は頬のかゆみと目の違和感、かゆみが出ています。

20110201news.jpg

朝、目が覚めるとアレルギー症状を感じるのでまずは紅ふうき(べにふうき)粉末のスティックを切ってカップにいれてから熱湯を注いで飲みます。今頃はまだ1杯に1本。(※花粉の飛散が多くなってくると1杯に2本を使います。)私自身の体験としては20~30分で目のかゆみが気にならなくなっています。

デスクワークなどの時は傍らにべにふうき。時間があれば外へ出る前に一杯飲んで出発。今シーズンは水筒にべにふうきティーバックをいれたものを携帯してみようかとも思っています。(体質なのだと思いますが、私の場合は粉末スティックの方は症状軽減を体感できています。)

2月が始まりました。症状軽減には早めの手配をお勧めします。

-----------------------------------------------------------------------------------

<静岡>静岡伊勢丹 B1F べにふうき特別試飲販売会のお知らせ
場所:静岡伊勢丹B1F おいしいふるさと村
会期:2011年2月10日(木)~2月14日(月) 

花粉症シーズンをべにふうきで乗り切る!毎年、ご好評「を頂戴している抗アレルギー成分メチル化カテキンを豊富に含む品種茶「べにふうき」の特別試飲販売会です。「べにふうきは苦い!」とお思いの方、是非お試しください。



日本茶専門店 錦園 石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)

花粉症の季節。釜炒り製法のべにふうきを飲んでいます。

寒さの厳しい一月です。この寒さで花粉の飛散にブレーキが掛かったようにも思いますが、飛散はあるようです。私にも花粉症の症状が出てきたので10日ほど前から飲み始めました。

DSC02655.jpg

さて、べにふうきは花粉症の症状を軽減することが出来るお茶といわれていますが、べにふうきが効くわけではありません。有効とされるのは「メチル化カテキン」という成分。べにふうきは「メチル化カテキン」を多く含み育てやすい品種とされて研究等でその結果を追証されれた品種です。(「べに」の文字は紅茶用の新種を意味します。紅茶用品種は緑茶にした場合、苦渋味が強くなる傾向となります。紅茶にした場合はメチル化カテキンは無くなってしまいます。抗アレルギーを期待するなら緑茶につくられたものでなければなりません。)

平成13年にアレルギーへの有効性について発表があってから10年が過ぎました。早いものです。植えればお金になると思っていた生産家の中には思ったほどではないからもう抜いてしまおうという方も少なくないとか。発表の当初から興味をもち追いかけてきましたが勉強になった事が沢山あります。

h13-001.jpg
平成13年発表時のレジュメ

べにふうきの製造で難しいのは有効成分が多くなる葉の熟度になると、一般的な蒸し製法では製茶が困難になってしまうこと。蒸し製法は元々が繊維質の少なく水分量が多い生葉を製茶するのに向いたもので、硬くなった生葉を相手にするのは苦手なのです。その事に気づかずに製茶してしまうと酸化酵素の失活がしきれていない「殺青不良のお茶」になってしまいます。結果、「苦渋味が強い。」「変質しやすい。(緑茶なのに紅茶のようになってしまっている。酸化変質によって有効成分のメチル化カテキンが減少します。)もの」が多く出回りました。←これは現在進行形です。(※製品をつくるのに必要以上の効率を追わずに、生葉の質、投入量などをコントロールすれば蒸し製でも可能なはずです。)

硬く繊維質が強くなった生葉でも酸化酵素の失活(殺青)が出来、べにふうきの品種のもつ苦渋みを減らせる製法として有効なのが釜炒り製法でした。私自身が花粉症であり、飲む側の立場から飲み飲みやすいことが重要と考えていたので、釜炒り製のべにふうきの苦渋味の少なさはお客様に薦めるのに背中を押してくれるものでした。約1ヶ月続く花粉症のシーズン(私はスギ、ヒノキなので2ヶ月近くです。)毎日、3回近く苦いものを飲み続けるのは辛すぎます。美味しさに関しては望むべくもないけれど、せめて飲みやすく現状におけるその答えが「釜炒り製のべにふうき(紅ふうき)」です。数年間、催事などを通じて多くの方に飲んで頂きました。全ての方とは言えませんが、多くの方が有効であると体感し、感想を伝えてくださっています。

DSC02660.jpg

寒さが緩めばいよいよ本格的に花粉の飛散する季節になるでしょう。「釜炒り製法の紅ふうき」私の扱うお茶の中でおそらく一番美味しくないお茶なのではとも思います。でも、出回っているべにふうきの中では飲みやすいものになっているはずです。催事においでの際はご試飲も頂けますので是非、一度お試しください。お声を掛けてくださればサンプルも差し上げます。

大きい袋は150杯分(¥4200)、約1ヶ月から1ヶ月半分。小さい袋は30杯分(¥1050)、一週間から10日分。缶入は25杯分(¥1260)です。ちょっとしたギフト用にどうかと考えてつくってみました。説明が巻紙になっています。
インターネット上には登場していませんがティーバックタイプもご用意出来ました。ポットなどでのいれ方を書きましたが、500ccくらいの保温性のある魔法瓶にいれて持ち歩きながら飲むのにいいでしょう。¥1050(2g×20個入)

粉末タイプの飲み方例
2011-01-25-b-01.jpg

ティーバックタイプの飲み方例
2011-01-25-b-02.jpg

2011-01-25-b-03.jpg
缶入の巻紙


べにふうきに限らず、モノづくりは「作れば売れる。出来ればよし。」ではありません。儲かりそうだから植えるのではなく、その有効性を知りお客様の役に立つのではと思い栽培、製造をする。効率や利益ばかりを考えずに、出来たものに問題があれば何故なのかを考える。

仕事は自分の為にするのではなく人の為にするものです。その事を忘れてつくられたモノにはちゃんとそれが現れます。お茶を知るほどに感じます。「このお茶、お客様の為にと思って作りましたか?」と。

日本茶専門店 錦園 石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)

静岡伊勢丹B1F べにふうき特別販売会終了しました。

DVC00006.jpg
2月12日~18日までのべにふうき特別試飲販売会が無事に終了しました。ご来場のお客様、関係者の皆さま、ありがとうございました。
期間中、、まずはお試しとして30本入りをお買い上げくださった方が、数日後に飲むと調子がよいとおっしゃって150本入りを再度お求めになってくださるケースが何度と無くありました。
商いとしてさせて頂いていることではありますが、皆さまのお役に立てていることを嬉しく思います。
DVC00013.jpg
一週間の販売会は終了しましたが、べにふうきは引き続き静岡伊勢丹B1F おいしいふるさと村にてお求めになれます。また火曜日夕方5時から閉店までは私が試飲販売を致しますので関心お持ちになられます方は是非お立ち寄りください。

一週間分を目安とするなら「釜炒り製粉末煎茶 紅ふうき(30本)¥1050
一ヶ月分を目安とするなら「釜炒り製粉末煎茶 紅ふうき(150本)¥4200

錦園の釜炒り製のべにふうきは一般的な蒸し製のべにふうきに比べて苦味が少なく飲みやすいのが特長です。

日本茶専門店 錦園石部商店
錦園店主 石部健太朗
日本茶インストラクター(02-0362)

Top|Next »

HOME

nishikien

Author:nishikien

日本茶専門店 錦園石部商店 http://www.nishikien.com

日本茶インストラクター
02-0362

Face book 錦園石部商店

この人とブロともになる